@今回ご紹介の車両は、ヴォクシーの超親水コーティングメンテナンスをご紹介いたします。
人間の体と同じように、しっかりメンテナンスをしないとコーティングのもちもちがいますし、なにより普段の洗車などでは落とし切らない汚れをプロの手で落し、コーティングレベルを整えます。
ご覧のようにボンネットにシミがあり、お客様も気にしている所でしたので、重点的に作業していきます。

 




 

Aボンネットのシミを徹底的に磨き上げた後、コンパウンドをよりきめ細やかにしキズを消すために機械を変え、ふき取りやすくします。
見方をかえるだけでも拭きムラが目立ってきますので、しっかりと拭き上げてメンテナンス剤を塗っていきます。
メンテナンス剤と言ってもプロ仕様の液剤を使用し、コーティングレベルを整えていきます。

 








 

Bキレイなボディが顔を出しました。
これでまた通常の洗車をしていただければ良好な状態を保っていけると思います。
コーティングはメンテナンスをしないと長続きしません。
私もそうなんですが、事が済んでしますと達成感にさいなまれてしまい、その後なにもしないなんてことが多々あります。
やはり高いお金をかけてコーティングをしてもメンテナンスをしないともったいないですから、是非メンテナンスをして少しでも長持ちさせてくださいね。
この度は、ご施工ありがとうございました。
                      スタッフ 平田(友)

 
  TOP ボディ・ホイール
コーティング
ウィンドフィルム
施工
車内・エンジン
クリーニング
ガラス・ボディ
リペア、交換
その他
サービス
お問い合わせ
アクセス
 
COPYRIGHT(C)2008 有限会社 宇都宮カービソー ALL RIGHTS RESERVED.