@気が付けばもう10月も後半戦で、来月は11月になり今年も残り少なくなってきました。
この先は、なんとか年内に仕事を終わらせて欲しい、という要望が増えてどこの企業も忙しくなる時期です。
当店もおかげさまで年末は忙しく、多くの仕事をさせていただいております。これからは体調管理が大事になってきますので、みなさんも風邪などひかずに頑張ってくださいね。
さて今回は、ガラスリペアをご紹介いたします。
キズの具合を見てみると、2か所のキズが一つにつながっているような珍しいものです。

 


 

A拡大鏡でキズを確かめながら圧力をかけ空気をぬき、同時に樹脂液を流していきます。
もちろんこの作業が大事な所なので、持ち場を離れずキズとにらめっこです。

 


 

Bキズ口に樹脂液がムラなく流れ込んだら、次にガラス表面を整えていきます。
ガラス自体に樹脂液をたらし、シールを貼りUVランプで硬化させます。

 
 

C硬化したところでカッターを使いシールを剥がしていくと、ご覧のように修理完了です。言われなければ分からないぐらいになりました。
多くのガラスリペアをしていますが、車を引き取りに来たお客様からは、「ん、どこ?」とキズがあった所を忘れてしまうぐらいの出来になります。
飛び石があたり、キズが大きい小さいあると思いますが、これからの時期朝晩の気温差が生じ、キズが伸びてしまうなんてこともあります。キズを発見次第早めの修理をお勧めいたします。
この度は、ご施工ありがとうございました。
                       スタッフ 平田(友)

 
  TOP ボディ・ホイール
コーティング
ウィンドフィルム
施工
車内・エンジン
クリーニング
ガラス・ボディ
リペア、交換
その他
サービス
お問い合わせ
アクセス
 
COPYRIGHT(C)2008 有限会社 宇都宮カービソー ALL RIGHTS RESERVED.