@先日、幼稚園の運動会に行ってきました。あいにくの雨模様で、競技も短縮されて行われましたが、幼稚園最後の運動会を目に焼き付けてきました。
玉入れ、徒競走、ダンスなど一生懸命に取り組む姿を見て、大きく立派になったとしみじみと思いました。
さて今回は、レガシィのコーティングとレンズリフォーマーをご紹介いたします。
まずはレンズリフォーマーですが、ご覧のように白くくすんでいてキズも多く目立ちます。
これをきれいに磨き上げ、コーティングをかけて輝かしいライトにしていきましょう。
一番下の写真が磨きあげた時のもので、今回もたくさん泣いてもらい、汚れやキズもきれいに落とし切る事ができました。
これからコーティングを塗って、きれいになるのがとても楽しみです。

 




 

A次にボディコーティングですが、施工前はこのような状態で、水銀灯(丸く見れるライト)でよく見ると、あまりキズが目立たないシルバーでも、キズが浮き出てきて、ボディのキズの度合いがよくわかります。
この光を目安にキズを追いかけて、いろいろな機材、コンパウンドを使い分けてきれいな下地作りをしていきます。

 


 

B磨き残ったコンパウンドの粉と脱脂の為、シャンプー洗車をし、最終ボディチェックを経て、コーティング本剤を塗っていきます。
ムラにならないように本剤をたっぷり塗り、上面は一番重要な所なので、毎回二度塗りを欠かさず行っています。
白く乾燥してきたら、コーティング剤の拭き上げ時です。

 


 

Cヘッドライトの完成形になります。当初と比べると、あの白く濁りキズだらけだったライトが嘘のように消えてなくなり、まるで新車の時のような透明感を取り戻しました。
よくお客様から当店入口にあるレンズリフォーマーの大弾幕と見て、「この車のライトもあんな風にきれいになりますか?」と尋ねられますが、毎回自信をもって「キレイになります。」と言っています。
ライトがキレイだと車の印象も変わりますので、是非ボディとセットで考えてみてはいかがでしょうか。

 






 

Dボディもこの輝きと質感に仕上がりました。
水銀灯の下でも光が柔らかく見えて、キズがキレイになくなりました。これで日頃のお手入れも、かなり楽になると思います。
今回は3年耐久の撥水コーティングになりますので、長いお付き合いになると思いますが、これからもよろしくお願いいたします。
この度は、ご施工ありがとうございました。
                     スタッフ 平田(友)

 
  TOP ボディ・ホイール
コーティング
ウィンドフィルム
施工
車内・エンジン
クリーニング
ガラス・ボディ
リペア、交換
その他
サービス
お問い合わせ
アクセス
 
COPYRIGHT(C)2008 有限会社 宇都宮カービソー ALL RIGHTS RESERVED.