@もう少しで成人の日ですが、私にとっては、ダブル成人式間近です。
私の成人式当日は、数年に1度のどか雪で、母校の式場まで行くのに大変で、体育館で凍えながら式典を聞いていた思い出があります。
まだまだ大人になりきれていない気がしますが、歳がそうはさせてくれないんですよね。
成人のみなさん、おめでとうございます。
さて、今回はBMWミニのボディーガラス親水コーティング・フロントガラス交換・ガラス撥水・レンズリフォーマーをご紹介いたします。
メニューが多いものですから、順を追ってご紹介いたします。
まず第1に、フロントガラス交換ですが、このようにガラス上部に亀裂が走っています。

 
 

Aこの割れてしまったガラスを、機械を使って外していきます。
外車は国産車と違い、ガラスについている留め金が無い為、この機械はとても有効で、内装さえ気をつければ、意外と簡単にガラスが外れます。

 


 

B次にガラスをおさめる為に、ボディ側とガラス側の準備です。
もう見慣れている光景だと思いますが、けっこう大事な所で、下処理をしっかりしないと、水漏れの原因になり、取り返しのつかないことになるので、毎回きっちりやっています。
これで、新しい接着剤をガラスの縁につけ、二人がかりでボディに取り付けて、完成です。

 
 

C第2にガラス撥水ですが、今回はフロントガラスのみの施工ですので、ガラス交換する前に、事前に施工しました。
新品のガラスでも油分が付着している為、しっかり磨き、安定剤を塗った上に、コーティング剤を塗りました。
ガラスだけでしたので、施工はいつもより簡単でした。

 


 

D第3にレンズリフォーマーですが、ご覧のとおりライト上部がくすんでいるのがわかります。
太陽の紫外線の影響で、対外はこのようになってしまいます。
これに磨きをかけて、きっちり落していきます。
下の写真は、磨き後にコーティング剤を塗って、UVランプで硬化させているところです。
仕上りが、今から楽しみです。

 






 

E第4に、仕上げのボディコーティングです。
施工前はこんな感じで、ボディ全体にびっちり水垢がついていました。
けっこうこれを落とすのは大変ですが、しっかり養生をして、お客様の笑顔の為に、とことん磨いていきました。

 




 

F磨き後は、コンパウンドのカスなどをきれいにする為に、脱脂を兼ねた洗車です。
この時期は、何でもそうですが、水仕事は手がとても冷たくなり、痛いぐらいです。
そして、ボディの親水コーティング剤を塗り、乾燥させた後に拭き上げると・・・

 






 

G煌びやかなボディが顔をだしました。
フロントガラスは、当店でも施工事例の多い輸入ガラスを取り付け、ガラス撥水も確認した所、バンバン水を弾いていました。
ヘッドライトもくすみが消えて、きれいな目になり印象もだいぶ変わりました。
ボディは、磨きをかけコーティングしてあるので、キズも消え、色、ツヤとも申し分なくきれいになり、引き締まりました。
施工メニューが多かったので、スタッフ全員で一台の車に携わり、施行した結果、お客様にも喜ばれ、時間をかけてやったかいがありました。
その他施工メニューも取り揃えておりますので、お気軽にご相談ください。
この度は、ご施工ありがとうございました。
                      スッタフ 平田(友)

 
  TOP ボディ・ホイール
コーティング
ウィンドフィルム
施工
車内・エンジン
クリーニング
ガラス・ボディ
リペア、交換
その他
サービス
お問い合わせ
アクセス
 
COPYRIGHT(C)2008 有限会社 宇都宮カービソー ALL RIGHTS RESERVED.