@こんにちは、今週もスッキリとした天気が無いですね。
また、気温も高い為か去年に比べてもあまり寒さも感じないのは私だけでしょうか?
たまには、スッキリした晴れ間が欲しいですね。(^_^)
話は変わりますが、本日の入庫車両はトヨタのクラウンです。
まず磨く作業前の洗車を終えてから、特殊な光のある下に移動するとものすごい光景が、入念に洗車された痕跡と共に無数のウォータースポットと呼ばれる雨染みが出来ていました。
ですが、これからガンガン磨いていき光沢のあるボディにしていきたいと思います。
下の写真は施工前のボンネットの様子となります。

 


 

Aマスキング作業の後は、磨きに入っていきます。
ですが、なかなかキズが取れない。シミも取れにくい時もありますが様々な機械やコンパウンドをいろいろ変えながら磨いていきます。
また、磨きといってもただ単に力を入れて磨けばいいと思われますが、そうでもなくて繊細な塗装の色のため力の強弱でまとめる技も必要になっていきますね。
磨き後は、再び脱脂を含めた洗車を行いました。
この時には磨いた時に出るコンパウンドの粉も隙間に入ってしまうので綺麗に落していきます。
洗車後には、いよいよコーティングの塗布となっていきます。
今回のコーティングはガラス撥水コーティングと呼ばれるもので、水をかけるとコロコロとした水玉になるものです。
特に、洗車を良くする方などが施工される方が多いかも知れませんね。
写真は、塗布している写真となります。

 












 

B塗布が終わり、しばらく乾燥させてからコーティングを拭き取っていきました。
拭き取りにも細心の注意を払います。
202といわれる塗装は、少し力をかけたりウエスにゴミが入ったりするとたちまちキズになってしまうので神経を使いました。
ですが、仕上がりもなかなか良く出来ましたので喜んでいただけたらありがたいです。
本日は当店をご利用頂きありがとうございました。
次は、メンテナンスでお待ちしています。
                       編集担当 篠原

 
  TOP ボディ・ホイール
コーティング
ウィンドフィルム
施工
車内・エンジン
クリーニング
ガラス・ボディ
リペア、交換
その他
サービス
お問い合わせ
アクセス
 
COPYRIGHT(C)2008 有限会社 宇都宮カービソー ALL RIGHTS RESERVED.