@今回はボルボS60のフィルム施工のご紹介をします。
セダン車とあって難易度は少し高めですね。
リアが狭いのでとても貼りにくいです。
使用フィルムは高透明8%のフィルムを選んでいただきました。
少し断熱性能は弱いですが透明感が高いスタンダードフィルムになります。
それでは施工の様子をご覧ください。

 
 

Aまずは型取りです。
外側から熱を加えてフィルムを縮めてガラスの形に成形して行きます。
この作業が難しく、出来ないと1枚で施工が出来ないので第一の関門です。

 
 

B第二の関門は貼り付けです。
この狭い中の作業になりますので、色々な注意が必要になってきます。
キズを付けずに気泡を出さないよう良くチェックをしながらの作業になります。

 
 

Cサイドも丁寧に仕上げて完成させます。

 






 

D完成しました。暗くはなりますが決して見えなくなるわけではありません。
やっぱり暗くして良かったというお客様も多いので、参考になさってみてください。
この度はご施工ありがとうございました。

 
  TOP ボディ・ホイール
コーティング
ウィンドフィルム
施工
車内・エンジン
クリーニング
ガラス・ボディ
リペア、交換
その他
サービス
お問い合わせ
アクセス
 
COPYRIGHT(C)2008 有限会社 宇都宮カービソー ALL RIGHTS RESERVED.